はじめての点滴に緊張

見るとやるでは大違い

具合が悪くなり、母に連れられて病院に行きました。とにかく食欲がない。お茶を飲むのも辛い。吐いてしまいます。

そう訴えたら、点滴をしてもらえることに。それは有りがたいのですが、点滴なんてやったことないんです。

弟が入院生活をしていて、点滴をしている姿は何度も見てきました。点滴がどんなものかは知っています。でも、点滴されている人を見るのと、自分で点滴されるのは違います。

いっそ断ろうかと思いました。でも、このままでは栄養失調で倒れてしまうかも知れない。このまま家に帰っても、また辛いのが続くだけ。

熱で痛みがわからない

これも経験のひとつと受けることに。腕に針が刺さっていきます。思ったより深く刺すんですよね。自分の体に針が刺さっていくさまは、何回経験しても奇妙な気持ちになります。指に針先が触れただけでもビクッとなるのに。想像していたより痛くありませんでした。

というより、高熱で頭がぼんやりしていたんです。 ベッドに寝かされて、しばらく待っていました。薬が入ってくるのがわかるんですよ。腕がひんやりしてくる。

火照った体が冷やされていきます。点滴がはじまって、数分後。回復してくるのがわかります。こんなに早く効くとは思わなかったのでビックリしました。

人形のように固まって

動いちゃいけないと思って、じっとしていたのですが、別に動いても大丈夫みたいですね。あとから調べたのですが、針が刺さっているのではなく、管が刺さっているそうです。

それもそれで怖い気がするのですが。 しばらく点滴はしていません。それが一番です。でも、たまにしてみたくなるんです。もちろん食べられるなら、ちゃんと食事をして栄養補給するのがベストですよね。あくまでも点滴は、食べられないときの応急措置ですから。

アヤナスクリームを使ってみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です